」タグアーカイブ

猫さんへのアロマ(精油)の影響

さて
少し前のこと

猫と生活しておられるお客さまから
アロマと猫についてご質問をいただきました

このお客さまだけでなく
ちょこちょこご相談いただいており

このBlogをご覧いただいている方や
検索されている方々にも
情報提供できれば、と

知り得たことと
Kaorist Yayoiの考察を
まとめて投稿することにいたしました

 

決定的な情報がない

最初からこんなことを見出しにすると
元も子もないのですが

有力な文献見当たらず
アロマセラピストでもあり
猫を飼っている友人に取材したり
あれこれ情報収集し
アニマルアロマセラピストさんの記事
拝見しました

ご協力いただいた皆さま
ありがとうございました☆

いまだに
腑に落ちない感じではありますが
つまりは
猫さんには人間のように
精油を分解する酵素がないとのこと

なので
カラダを舐める習性がありますから
飼い主さんの手にアロマがついたまま
触れないことが一番かと思います

であれば
ハンドクリームも
ハンドジェルも
アロマだろうがなんだろうが
猫さんに触れる前に
手を洗うと安心なのでは?と。

シアバターだけのクリームだったら
良いのでは?と
思われるかもしれませんが

それがいいかどうかは
わかりません

自然のものだから安全、という
ロジックは成り立ちません

また
猫さんのために使う
タオルなども
噛んだりしますから
洗濯洗剤や食器の洗剤も
気をつけたいところです

アロマの芳香について

精油も香りがするものすべて
芳香分子をたくさん集めたものであり

その分子が鼻の粘膜に付着して
電気信号に変わってニオイを感知します

この芳香分子の種類分けのなかで
モノテルペン炭化水素類に分類されるものが
猫さんには良くないようです

難しい言葉ですが

何の香りに多く含まれているかというと
柑橘系と樹木の香り。

意外です

お部屋でアロマに限らず
お香なども芳香するのは
避けた方が良さそうです

トイレなど小さな空間
人しか入らない場所ならば
芳香できるかと

洗剤にももちろん
科学的な芳香分子が含まれます
柔軟剤や部屋干しの洗濯物も

◯○◯リーズなんかの
除菌消臭スプレーとか
心配になりますね

人間でも
気分が悪くなるときがあります

ちなみに、私は無理です。

私個人の見解と、まとめ。

猫に限らず動物は
とくに嗅覚という点で
人間よりも圧倒的に優れていますし

自分が危険を感じたり
嫌いなヒトやモノにも敏感ですから
近づかないで即座に逃げると思います

そういう動向を
注意深く観察しながら
お互い幸せに生活するのが
素晴らしいスタイルかと

 

昨日
アロマセラピストの友人と
久しぶりに超長電話をしていて
この話題を質問してみたのですが

ヨーロッパの方の人たちからすると
香料を使ってきた
歴史の長さがちがいますから

何をいまさら言ってるの?という
お話かもしれませんが

しかし
猫さんへのアロマの影響は
まだわからないことが多い
だからこそ気をつけてということで

以下、まとめます。

1 アロマに限らず
触れる前には手を洗う

2 猫さんに使うタオルや食器などの
洗剤も考える

3 アロマを芳香したいなら
人間しか使わない小さな場所で

4 柔軟剤や洗剤などの
人工香料にも気をつける

 

現時点ではそんなところです

また新たにわかりましたら
シェアします

とはいえ
アニマルアロマセラピーには
全く興味はありません

学ばれた方に本当に失礼ですね
ごめんなさい。

ペットにとって一番のストレスは

飼い主さんに遊んでもらえない
撫でてもらえない
食事が充分でない
環境が不潔すぎる
そういうところですから
原因は人間です

やっぱりヒトのアロマが優先かな…と
思うのです

私も正直いうとペットほしい!
でも充分に一緒にいられない
だから飼わない、と
強く思っています

小さい頃から実家を出るまで
ワンコさんとずっと生活してましたから
その愛しさを知ってますのでね

大金持ちがパートナーになったら
今よりゆったり仕事して
ワンコと暮らそうっと♡

あ、今晩新月です‼

叶ったつもりで
願い事をする日ですよ〜

今日はこの辺りで
ではまた

カラダは最高のパートナー

Kaorist 井上弥生